皆様、こんにちは。

日本組織開発推進協会JAPEOブログ編集局です。

先日、健康経営に関するセミナーに出席させていただき、

職場のメンタルヘルスの現状と取り組みについて学んできました。

経済産業省が「健康経営優良法人認定制度」等を制定し、

国を挙げて企業での取り組みを強化している「健康経営」ですが、

大企業では徐々に普及しつつも、中小企業では認知度はまだまだ高くないですね。

今回のブログでは、ストレスマネジメントの第1歩として、

マインドフルネスについて取り上げます。

マインドフルネスは、メンタルヘルスとしての高い効果も報告されていますので、

健康経営の取り組みにも取り上げられることが考えられます。

グーグル、インテルも取り組んでいるマインドフルネス

グーグルが社内研修で導入してから一気に認知度が上がったマインドフルネス

いまや書店には多くの関連本が並び、メディアでも頻繁に取り上げられ、

ちょっとしたブームになっていますね。セミナーも多く開催されています。

グーグル他、インテルなどシリコンバレーの企業でも社内研修で取り上げられており、

シリコンバレーのIT企業とそれに従事する人達は、

東洋思想に関連した、自分の内面を深く見つめるワークを好むんだなあと強く感じます。

グーグルが導入しているマインドフルネスは、

サーチインサイドユアセルフ(search inside yourself)と言い、

独自の研修プログラムとして開発されていますね。

では、そもそも「マインドフルネス」とは何でしょうか?

マンドフルネス=「気を配ること。意識をすること」⇒『今、ここに集中すること』

マインドフルネス(mindfulness)の意味なんですが、

「mindful」の意味は、『〔人が周囲のことなどに〕気を配る、意識している』

つまり、マインドフルネスの言葉の意味としては、

『周囲のことなどに気を配ること。意識すること。』ということになります。

本来の意味は、そうなんですが、

今日のマインドフルネスの大流行を生み出したジョン・カバット・ジン氏は、

マインドフルネスのことをこう定義しています。

今現在において起こっている内面的な経験および外的な経験に注意を向ける心理的な過程

ざっくり言うと、

今、ここの内面と外部の経験に集中すること』と言えると思います。

マインドフルネスと瞑想との関係

マインドフルネスと聞くと、人によっては、

瞑想のことでしょ。」、「瞑想と一緒でしょ。」と

答える方も多いと思います。

マインドフルネス瞑想って言葉もありますし、

マインドフルネス=瞑想と思われる方も多いかと思います。

では、マインドフルネスと瞑想の違いって何でしょうか?

瞑想(meditation)とは、

心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、

目を閉じて深く静かに思いをめぐらすこと

前に書きましたマインドフルネスの定義と比べるとどうでしょうか?

マインドフルネスは、『今、ここの内面と外部の経験に集中すること』、

瞑想は、『心を静めて無心になること

よく読むと、マインドフルネスは行動を起こして得られる結果であり、アウトプットであり、

瞑想は、マインドフルネスになるため、

マインドフルネス状態に至るに適した方法・手段・スキル

ととらえることができます。

マインドフルネス=瞑想は、正確ではないですが、

瞑想を突き詰めて行うと、マインドフルネスになりやすいと言えますので、

マインドフルネス≧瞑想という数式が成り立つような気がします。

なので、「マインドフルネス瞑想」とは、

マインドフルネスに達することができる瞑想と言い換えることもできます。

マインドフルネスの効果

グーグルで実施されているマインドフルネス研修、マインドフルネスの本来の意味、

マインドフルネスと瞑想との違いについて説明しました。

では、マインドフルネスの状態になると、どのような心身に良い効果をもたらすのでしょうか?

マインドフルネスは、次のような効果があるといわれています。

1.ストレスを低減する。

2.集中力がアップする。

3.思いやりの心、協調性が養われる。

以上のような効果がみられることから、グーグルやインテルなどの多くの企業が、

ストレスマネジメントやメンタルヘルス、人材育成研修として取り入れているのでしょう。

このような効果には、科学的な証拠があり、脳科学的にも効果が証明されています。

科学的な証拠については、いずれブログで紹介したいと思います。


職場のストレスマネジメント、メンタルヘルス対策にも最適なマインドフルネス、

その効果は、集中力アップ、ひいては生産性を向上する効果も期待されます。

マインドフルネス瞑想したストレスマネジメントを脳科学的に習得してみませんか?

JAPEOでは、2017年9月30日に、脳科学者、駒野宏人先生を講師にお招きし、

職場を健康にする脳科学的ストレスマネジメントセミナーを開催します。

そのセミナーでは、職場で簡単に行えるマインドフルネス瞑想やヨガのワークも

取り入れています。

セミナーの詳細は、下記のバナーをクリックしてご参照くださいませ。

JAPEOでは、定期的に配信するメルマガで、

ストレスマネジメントに関する情報をはじめ、健康経営や繁栄型組織開発に関する

役立つ情報も配信しております。

JAPEOメルマガ通信にもご登録いただければ幸いです。